Keisuke.Blog

映画が好きです。元映画館店員の映画ネタを中心としたブログ。

プーと大人になった僕のネタバレ感想。クリストファーロビンに共感。

この記事をシェアする

f:id:bingo-bingo-666:20180930162016j:plain

(C)2018 Disney Enterprises, Inc.

 

公開して1週間ほどしてから観に行きました。

プーさんが実写化?っと期待してなかったんですが、とても心にしみる映画でした。

以下注意!ネタバレ有り

あらすじ

大人になったクリストファー・ロビン(ユアン・マクレガー)は愛する妻と娘とともにロンドンに暮らし、忙しい日々を過ごしていた。ある日、重要な仕事を任され、公園のベンチで頭を抱えていると、かつての大親友であるプーが現れる。

(Movie Walkerより)

作品情報

原題:Christopher Robin

公開年:2018年

上映時間:104分

監督:マーク・フォースター

出演:ユアン・マクレガー、ヘイリー・アトウェル

 

日本語タイトルは「プーと大人になった僕」となっていますが、原題は「Christopher Robin」となっています。日本語タイトルは子供やディズニー好きを意識したかわいらしいタイトルですが、ぼくは原題と同じ「クリストファーロビン」というタイトルでもよかったんじゃないかなと思います。

クリストファーロビンにめちゃ共感

映画冒頭はクリストファーロビンの子供時代を描き、大人になるまでの物語がざっくりと描かれています。

大人になったクリストファーロビンは仕事に追われる毎日で、家族のイベントにも参加できないほどの仕事に追われていました。

そんな多忙な日々を送っていると、ある日プーとロンドンで出会います。

プーと出会い、100エーカーの森に戻ることで子供の時の純粋な気持ちが徐々に戻っていく…。

そんな、クリストファーロビンの姿を見て自分もつまらない大人になったなと感じつつ、最後に子供の時のような純粋な心を取り戻したクリストファーロビンにうるっと来てしまいました。

仕事に追われるとみな心が汚れていくというか、ふと人生振り返るとこんな人生でいいのかなとおもうことがあると思います。

そんな大人たちに観てほしい映画です。

時代設定が上手い

クリストファーロビンは大人になってからは戦争を経験し、その後就職しビジネスマンになります。戦争を経験したら、そりゃメンタルも削られるし大人に成らざるを得ない状況になりますよね(笑)

就職後も上司に恵まれず、仕事を押し付けられていたりとかわいそすぎるクリストファーロビン。

そんな描写を取り入れることで、現実味のある話に感じ、どんどん作品にのめり込むことができます。おとぎ話なんだけど、実際に起こっているような感覚になる、これぞディズニー映画という感じですね。

お馴染みの人気キャラクターもかわいい

プーだけでなく、ピグレット、ティガー、イーヨーなどの人気キャラクターもちゃんと登場します。

キャラクターたちはみな毛がパサパサで、使い古されたぬいぐるみのような感じで表現されています。懐かしさを感じることができるデザインですが、しっかりとそれぞれのかわいらしさも表現できていてとても良いデザインだなと思いました。

最初、予告で見たときはあまりかわいらしさを感じなかったんですが、実際にスクリーンで彼らを観ているととても愛しく感じました。

大人が見るべきディズニー映画!

この映画は大人が見るべきディズニー映画だなと思いました。

そして、是非とも映画館で見てほしい映画です。

ひとりで見るのも良し、大切なパートナーと見るもよし、会社の同僚と観るのも有りな映画です(笑)

子供の心を取り戻したい大人たちに観てほしい映画です。