Keisuke.Blog

映画が好きです。元映画館店員の映画ネタを中心としたブログ。

モアナと伝説の海のネタバレ感想。アナ雪のあのキャラも登場!

この記事をシェアする

f:id:bingo-bingo-666:20181007233244j:plain

映画.comより。(C)2017 Disney. All Rights Reserved.

 

モアナと伝説の海を観ました。

映画館で観れていなかったので、DVDを借りて観てきました。

以下、ネタバレ注意!

あらすじ

誰よりも海を愛する少女モアナは島の外へ行くことを禁止されていたが、幼少時に海とある出会いを果たしたことで運命が決定する。モアナは愛する者たちの救済のため、命をつかさどる女神テ・フィティの盗まれた心を見つけ出して再び平和な世界を取り戻そうとする。未知の大海原へと向かったモアナは伝説の英雄マウイと出会い、冒険を共にする。

(シネマトゥデイより)

吹き替えキャスト

  • モアナ:屋比久知奈(アウリイ・クラヴァーリョ)
  • マウイ:尾上松也(ドウェイン・ジョンソン)
  • タラおばちゃん:夏木マリ(レイチェル・ハウス)
  • タマトア:ROLLY(ジェマイン・クレメント)
  • トゥイ:安崎求(テムエラ・モリソン、歌:クリストファー・ジャクソン)
  • シーナ:中村千絵(ニコール・シャージンガー)
  • ヘイヘイ:多田野曜平(アラン・テュディック)

()内は英語版声優キャスト。

ハワイアンでエスニックな世界観がグッド!

このハワイアンな世界観と人々が個人的にすごく好みでとても気に入りました。キャラクター設定や舞台セットがめちゃ良くてディズニー映画のなかでもトップクラスですきになりました!

この作品はフルCGで製作されていますが、マウイのタトゥーだけセルアニメで表現されていて、ユーモアなアニメーションが楽しめるのもよかったです。

ミュージカルシーンが豊富。見どころはシャイニー!

この作品はミュージカルシーンが多く、ザ・ディズニー映画という感じでした。

どこまでも~How Far I'll Go~

 この曲がモアナのメインテーマ曲です。名曲過ぎてずっと聴いていられますね。

この映画を思い出したくなったら、この曲をまず聴きますね。映像とセットで曲を聴けば感動も倍増!Youtubeでいつでも観られるのが嬉しいですね。あっ、ちゃんとディズニー公式のチャンネルですよ!

シャイニー

個人的にこの作品で一番気に入っているミュージカルシーンがこの曲『シャイニー』。原曲はジェマイン・クレメント、日本語吹き替えはROLLYさんが担当しているのですが、ROLLYさんが原曲(英語版)の特徴をしっかり表現されていて本当にすごいなと思いました。アナ雪のオラフを担当したピエール瀧さんのときもすげえと感動しましたが、ROLLYさんも素晴らしかったです。

ちなみにこのミュージカルシーン、個人的にちょっと不気味な雰囲気を感じていてその世界観も合わさって好きなシーンなんですが、ちいさいお子様が見たらちょっと恐怖を感じそうなシーンかなと(笑)悪役の巨大なカニがキラキラ光りながら踊って歌ってるんですからね(笑)

上記映像は英語版です。Youtube上のディズニー公式チャンネルですと英語版しかアップされていませんでしたので、英語版の紹介となります。

他作品のディズニーキャラクターが多数登場

モアナと伝説の海では他作品のディズニーキャラクターが多数登場します。

例えばこちら!

f:id:bingo-bingo-666:20181007232953j:plain

スクショじゃなくてスマホで撮りました(笑)画質粗くてすいません。

タマトアでマウイが連続で変身をするシーンがあるんですが、この時に一瞬アナと雪の女王のスヴェンに変身します(笑)

こういうユーモアもディズニー映画ならではで、ディズニーファンにはたまらないシーンですね。

ぼくはこのスヴェンしか見つけることができませんでしたが、

  • ミッキーマウスの形をした海の泡
  • ズートピアに登場するナマケモノ『フラッシュ』
  • リトルマーメイドの『フランダー』
  • シュガーラッシュの「ラルフ」が描かれたタパがエンドロールで流れる

など、多くのディズニーキャラクターがこの作品で登場します。

上記で紹介したキャラクター以外にもまだまだあるので、ググって探してみて下さい!

モアナはエンタメづくしなディズニー映画

世界観が楽しめて、ミュージカルも良くて、作品を楽しみながらディズニーキャラクターを探す要素もあるエンタメづくしな作品です!

まだ見ていない方は是非観てみてください。特に、ディズニー好きは必見ですよ!