Keisuke.Blog

映画が好きです。元映画館店員の映画ネタを中心としたブログ。

月9、SUITS/スーツ第2話ネタバレ感想。中島裕翔のスーツ姿も演技もグッド。

この記事をシェアする

f:id:bingo-bingo-666:20181015230950j:plain

フジテレビ月9ドラマのSUITS/スーツにドハマりしました。

以下、ネタバレ有り

大学卒業してからはテレビドラマというかテレビをあまり見なくなっていたのですが、久々に連続ドラマにハマりまして、それがフジ月9ドラマのSUITSです。

先週に引き続きめちゃ面白かったですよ!

あらすじ

 
 
 
View this post on Instagram

【公式】SUITS/スーツさん(@drama_suits)がシェアした投稿 -

 

甲斐正午(織田裕二)は、クライアントである『いろは銀行』の佐橋哲平(米村亮太朗)から内部告発を受ける。部長の谷川好昭(長谷川公彦)が預金を不正流用し水商売の女性に貢いでいるというのだ。

同じころ、鈴木大輔(中島裕翔)は、甲斐に命じられ、プロボノ=無料法律相談会の仕事に取り組んでいた。そこで大輔は、勤めていた病院の院長から愛人にならないかと誘われたが、それを断ったせいで解雇されたという看護師・河瀬今日子(関めぐみ)の相談を受ける。今日子に同情した大輔は、法廷で闘うべきだと彼女に告げると、甲斐にもその旨を伝えた。甲斐は、クライアントに同情するなと言って一度は反対した。だが、相手が東都医科大学病院院長の海部政継(中村育二)だと知ると、すぐに先方に連絡するよう命じる。海部は日本医師協会の次期会長候補。スキャンダルを嫌って示談に応じるはず、という甲斐の読みだった。

海部の代理人弁護士・館林憲次(小須田康人)は、甲斐の予想通り、大輔が提示した金額での示談に応じる。交渉成功を喜ぶ大輔。だが、甲斐の秘書・玉井伽耶子(中村アン)は、物事が上手くいきすぎているときは必ず不吉なことが起こる、と大輔に告げる。
その予言通り、大輔は、アソシエイトを監督する立場でもある蟹江貢(小手伸也)から、仕事に関しては逐一報告書を提出するよう命じられる。さらに、海部のセクハラ疑惑を報じるネットニュースが流れてしまい……。

(フジテレビ月9ドラマSUITS/スーツ公式HPより)

やっぱ中島裕翔かっこいいっす!

前回、サッカー日本代表の南野拓実が男のぼくから見てもイケメンだということを書いていますが(笑)、中島裕翔さんも男から見てもイケメンですね。

織田裕二さんのスーツ姿もとてもかっこいいんですが、中島裕翔さんのスーツ姿がめちゃかっこいい。ファッション好きの20代男性諸君は是非彼の着こなしを参考にしていただきたい。スーツ姿でクロスバイクで走る様はまさにシティボーイ。憧れますね。

南野拓実、中島裕翔がかっこいいと言っている筆者ですが、もちろん女性が一番好きなのでご安心を(笑)女子が女子を見て「かわいい~」と言うのと同じです、はい(笑)

だんだん弁護士ドラマっぽくなってきた!

初回は甲斐正午の人間性と鈴木大輔の歩んできた人生や現在の環境が描かれ、そして2人が出会い鈴木大輔が弁護士になるまでのお話でした。

そして第2話からは、さっそく弁護士ドラマっぽい展開になります。鈴木大輔の担当することになった案件は状況が二転三転し、最後まで目の離せない展開に。原作がアメリカのヒットドラマSUITSということもあり、スピード感のある展開で1時間15分があっという間でした。3時間くらいならぶっ通しで余裕で見れますね(笑)

これからの甲斐と鈴木のコンビネーションに期待!

あっという間の1時間15分で最後は2人のハイタッチ?(笑)で終えました。2人の関係性が良い方向に進んでいることが伺えますね。来週も楽しみだ。